Profile

寺西一巳 Kazumi Teranishi


京都市立芸術大学音楽学部卒業、1990年渡欧、ウィーン国立音楽大学に入学。ヴァイオリンをクラウス・メッツル、ヨゼフ・ヘルの両氏に師事。
1993年オーストリアの州立チロル交響楽団に入団。在団中オーケストラ活動の他、室内楽、CD録音等で活躍。
1998年の帰国後は、ピアノに小林道夫氏を迎えてのリサイタルを始め、関西を中心にソロ、室内楽で活動。
テレマン室内管弦楽団のソリスト・コンサートマスターや、大阪交響楽団、中部フィルハーモニー交響楽団、奈良フィルハーモニー管弦楽団、アンサンブル神戸のゲストコンサートマスターとして招かれるなど多岐にわたり活動。
2017年より、奈良フィルハーモニー管弦楽団のコンサートマスターに就任。
2018年5月、2019年6月に開催した、小林道夫氏とのデュオリサイタルは好評を博した。
近年はアンサンブル・アルビレオの指導者、尼崎市民交響楽団の指揮者としても活動している。
現在までにヴァイオリンを岸邊百百雄、東儀祐二、久合田緑、澤和樹、田井美千代の各氏に、室内楽を上村昇、亀田美佐子の各氏に師事。

大村 萌 Moe Omura


6歳よりスズキメソードにてヴァイオリンをはじめる。武庫川女子大学音楽学部器楽学科ヴァイオリン専攻卒業。
参納悦次郎、塩瀬順久、浅井咲乃の各氏に師事。日本音楽療法学会認定音楽療法士(補)。
インターナショナルプリスクール・音楽教室などのヴァイオリン講師を経て、toi toi toi violin school(ヴァイオリン・ヴィオラ教室)/ オフィスtoitoitoi(コンサート マネージメント)を主宰。
関西でフリーランス奏者として活動。アンサンブル・アルビレオのメンバー。